iPhoneを投げるかもしれません(誇大タイトル)

いろいろあっていろいろあるやつです。

昨日ね、買ったスマホカバーを装着して会社に行ったわけです。うん、良い。

でもこれ、バンカーリングつけてしまうとこのデザインのよさが台無しになってしまうわけです。バンカーリング?こういうやつ。だって顔のへんにバーンってついちゃうんですよ。

ああ、こないだ仕事中に爪ガリガリやっちゃって凸凹になってるの見えてるはずかし。バンカーリングっていうのはこうしてリングがついてて、指を通してつかうんです。ずり落ちたりしないしスマホ持つ時に絶対的な安心感。

それが使えないんですよ?この不安。昨日は一日iphoneをまるで「羽を怪我したひよこ」を扱うように大事に大事にとりあつかい(いいすぎ)言葉の重みは3倍。

  1. 落としそうになったスマホをとっさに掴もうとする
  2. 掴もうとした手が逆にスマホをひっぱたいてしまいさらに遠くに飛ぶ
  3. 真下に落ちたら擦り傷ですんだのに、遠くに飛んじゃった
  4. 「iPhoneを投げた!」完成(妄想)
  5. iPhone7のガラス代って高いらしいですね(噂)

ほら、結果的にですよ?「iPhoneを投げた」になるかもしれません。恐ろしい。

どっか開いてる穴みたいなところにむりやりなんか通してリングつけようかな。なんかいいものあったら教えてください!

あ、iPhone投げたときは「投げた」ってちゃんとそれっぽく記事にするので夜露死苦。

昨日の忘年会のあとに電車にのったせいか喉が痛くて咳が止まらない。熱はないんだけどこれはもしかすると例えようのない「風邪」という症状なのかもしれない。

今日は予定通りダラダラ過ごして体調戻そうと思ってます。そうか、やっとこれだけ書いて650文字か。ブログって大変だな。