元旦な風景

元旦はお昼までゴロゴロして午後から実家にいってゴロゴロするのがここ10年ほどのしきたり。(しきたり?)

でも到着早々家でじっとしているのに退屈してしまい、1人で散歩に出かけることに。近所に神社が2つほどあるのではしごしよう。

OlympusのOm-D E-M5 Mark Ⅱだけを連れて。

いきなりシュールなやつをみかけた。職業安定所と敷地ギリギリに並べられた派遣会社の立て看板。これ、見えてる以外に奥に向かってずーっと並んでいる。

しかし空を見上げると夏のようなアオゾラ。風は強いけどそんなに寒くなくて気持ちいい。

ひとつめの目的地、天満宮に到着。ちょっと人多いし下向けてカメラ構えにくくて困る。

戌年だけど丑年っぽくしてみた。触ったら冷たかった(石だから)

たきびあったかいよたきび。この暖かさが伝えられなくて申し訳ない。ぱちぱち

この犬(いぬ?)前からこんな着色してたっけ。正月前に化粧されたのだろうか。目が血走ってるのでもう少し穏やかに過ごしたほうがいいよ、生肉ばっかりじゃだめ。

首が痛いのであまり散歩や運動もできずちょっと歩くだけでも新鮮な気持ち。水がジャーってしてるだけで絵になる(ならない)

もう一つの神社到着。正月なのに誰もいない。結構有名な名前並んでるんだけどなぁ。

牛頭天皇なんて聞いたことない。

調べてみるともともとは牛頭天王というインドの祇園精舎の守護神らしいんだけど、日本でスサノオノミコト(素盞嗚命)と同じものとして祀られた、そうだ。

お寺とか神社とかインドとか中国とかいろんなものが合体して今の日本の考え方とかってできてるんだよ。だからもっと柔軟に。

そんな目でみるとこの神社もなんとなくインドっぽく感じる←ほんと影響されやすい。

ほら、視点を変えれば空はこんなにも青く美しい。みんなばらばらでいっしょ。

さて、散歩おしまい。家に帰ろう。

夜は実家でお寿司とカニとしゃぶしゃぶとなんかおなかいっぱい。体重、一気に戻りそうな気がする。