あなたの推進力はなんですか?

僕はロードバイクに乗るんですが、興味がない人から比べるとびっくりするくらい遠くまで行ったりします。

びわ湖一周→大体200kmくらい
京都に行って遊んで帰ってくる→だいたい100kmちょっと

びわ湖一周200kmっていうのがどのくらい遠いのかというと、ちょうど箱根駅伝が正月に行われていたのでわかりやすいんですが、

出発 大手町読売新聞社前
到着 箱根町 芦ノ湖駐車場入口

これが距離にすると片道107.5kmなんです。往復で215kmくらい。ちょうどそのくらいの距離を自転車でビューって走るわけです。朝出かけて夕方帰ってくるくらい。

行くときは「やるぞ!!」ってなんかすごく思うんですけど、1時間も走ってるとなんだかわけがわからなくなってきます。なんで自転車でこんなとこ走ってるんだろう、とか。

するとなんだか自分で自分なりの「理由」みたいなもんを考えるようになるんですよね。「なんで自分は今自転車を漕いでいるのか」についてとか。いやいや、漕いでるのは自転車じゃないですね、ペダルですね。

僕がロードバイクを好きなところは「漕げば漕いだ分ゴールに近づく」ってことなんですよ。びわ湖一周しようと思って漕ぎ始めて、あとまだ180kmくらいあるんですけど、ペダルを回してると間違いなくゴールには近づいていくところ。

仕事の努力とか恋愛って報われないことがあるじゃないですか。あんなに頑張ったのに評価されない、とかあんなに女の子にプレゼントしたのにフラレちゃったとか(タイムリーな人いたらごめんなさい)。

自転車はそういうの裏切らないんですよね。漕いだら濃いだぶんちゃんとゴールまでの残りの距離はへってて、景色を見たりコンビニで羊羹食べたりよそ見したり神社参拝したり車に乗ってる子供に声援を送ってもらったり足をマッサージしたり日焼けしたりしながら気づいたらゴールである「自宅」にちゃんと戻ってこれるのがすごくいい。

だから自転車に乗るときの自分にとっての推進力って「ゴールに絶対たどり着けるところ」なんです。だから今のペダルのひと漕ぎをし続けるって感じ。

「目的」とか「こうなりたい」とか「野心」とか「出世欲」とか「あれがほしい」とか「達成したい何か」みたいなもの、あってもいいと思うんですよ。

あれほしいな、じゃあ今はこれを我慢しよう、とか
こうなりたい、じゃあ今はこれを勉強しよう、とか
部長になりたい、じゃあ今は課長の仕事を完璧にできるようになろう、とか

今生きることの推進力みたいなものができるんじゃないかなーと思うんです。

さっき自転車で例えたんですけど、遠くにいくのに最初っから立ち漕ぎで全力で行くと絶対疲れちゃうし栄養補給も必要、自転車を降りて休息も必要、自転車のメンテナンスも普段から必要なわけです。いきなりは絶対できないのです。自転車でも人生でも「どこでもドア」なんてないから。

だから漠然でもいいから目的とかを一応決めておいて、それに向かって毎日ちょっとづつでもなんか頑張ってると、いつか振り返った時に思った以上に遠くまで来れてたりするもんです。

ここはびわ湖で最北端みたいなとこ。うちの家からおおよそ100キロくらいのところにあります。一生懸命走ってきたらこんな景色のところまでたどり着けます。うちの住んでるところは水平線のずっとずっと向こうでこの写真から見ることができないんです。

でもここに来て景色を見るために自転車漕ぎ続けることができる、ともいえるんです。でも残りまだ半分あるんですけどね。いつも景色見てからうぇぇぇ、ってなるんですけど。

ブログを始めたのがおおよそ3年ほど前。この自転車もブログの収益で買いました。ブログを書いてるおかげで旅行に行ったりパソコンを買い替えたりスマホを買ったり美味しいもの食べたり毎年毎年本当に楽しいのです。

だから僕の人生にとって「文章を書くこと」は立派な人生の推進力なんです(やだなんかめっちゃカッコよく収まった)

ねぇ、あなたの推進力ってなんですか?

それでは、また。