肩や背中の凝りには湿布より「使い捨てカイロ」がいいんだって

今週のお題「体調管理」

首のヘルニアで接骨院に週二回通ってるんですよ。

すこしづつだけどだんだん良くなってる感じ。

  1. 電気をあてて温める
  2. 先生が首と背中を触って曲がり具合をチェック、グッと引っ張る
  3. しびれとかがないか確認
  4. 丸い瓶みたいなやつで吸引

もしかしたらこの先生名医なのかもしれない、と思えてきた。腕の痛みがほとんどないし、あんなに毎日飲んでた鎮痛剤ほとんどいらなくなった。(今日は夕方どうしても痛くなったので2錠だけ)

で、先生と色んな話をするんですけど、タイトルの通り。

湿布とか貼ってもあんまり効果なんてないから。温湿布なんて体の表面になんとなくあったかい感じがするだけで何の効果もないから。湿布を貼るくらいなら痛いところに使い捨てカイロを貼っておいたほうがよっぽど血行が良くなって患部にいい。

で、先生に言われる通り生活をちょっと変えたんですよ。

  • 痛いときはアイスノンとかで冷やしてた→冷やすのをやめた
  • 腕や背中、首などに湿布を貼ってた→やめた
  • 背中~首の痛いところの真上にくる場所に使い捨てカイロを貼った

冷やした後は痛みが麻痺するんだけど、その後やっぱり痛くなるんですが、先生曰く「冷やした後は倍痛いからやめとき」っていうんですよね。

もちろん、症状として「炎症」がある人は冷やしたほうがいい場合もあるので一概には言えないんですが、肩こりなどの場合は血行を良くするほうが治りもよくなるからって。

寒いと肩や首を縮こませていると余計凝りを悪化させてしまうし、今は使い捨てカイロってホント値段が下がってるんですよね。湿布より安いような気がする。

ということでこういうときはここにAmazonとかの広告を貼ったりするんだけど、そういうブログじゃないからここ。だから湿布貼っとくね?

ぺたっ☆

f:id:masaki709:20180116233242p:plain

じゃ、おだいじにー(オマエモナ)