「きたゆき」とか「みなみゆき」とか。

ゆきだゆきだゆきだー!

東京の大雪から数日後、こっちにも寒波が来てさむいさむい。

車についてたつららが一日そのまんま、なんてめったにないよ。

昼間はいい天気だったんだけど夕方になるとサラサラした雪が降ってきた。仕事は先行してるので社長に任せてさっさと帰宅。

左が南のほう、右が北の方。ほら黒い雲がどんどんくるところ。

本気で振り始めると5分もしないうちに道路が真っ白になるのが滋賀県南部の怖いところ。ロードバイク通勤の私には雪道は恐怖でしかない。まっすぐ走るのはできても、ブレーキに着氷してしまうとブレーキが全然効かなくなるのがね。

ああ、ディスクブレーキの方買ったら良かったなあああ(手遅れ)あ、2018年カラーのほうがカッコイイなぁしかし。

CONTEND SL 1 DISC

値段15,000円アップするだけでディスクブレーキにできたんですよ(手遅れ②)

今年は自転車買い換えようかな。会社で止めてる場所がグレードアップするのでw

f:id:masaki709:20180124230510p:plain

DEFY ADVANCED 2。通勤快速って感じで良いですよね。色も好き。

で、タイトルのお話。

滋賀県の南部には雪の話がいろいろあって、「北雪」と「南雪」っていうのがあります。

北雪っていうのは日本海側北西から南東に向かって吹く風に乗ってやってくる雪雲なんですが、この雲が来るときは先に日本海側や比良山系などの山にぶつかって雪が減ることで積雪量としては少なくなることが多いんです(うちのあたりは、ですよ?)

なので「今回は北雪だから明日は大したことないだろ」とか言うことが多い。

それが雪雲のかかり具合でちょっと北なだけで雪がドーンと積もったりするんです。うちのマンションはぜんぜん降ってないのに会社の周りは道路が真っ白で自転車で走れないとか。

会社の近所に住んでる従業員さんに「道路真っ白だったらLINE送ってー」ってお願いしてあったりします。

さて、今度は南雪。

太平洋側の低気圧が降らせる雪なんですが、南にある低気圧だからと思わせておいて、降ってしまうととんでもない積雪量になったりするんです。風向きも北からの風ではなく、南側からちょっと痛い感じの冷たい風が吹いてくる感じ。

南雪のほうが滋賀県南部では大雪になることが多いんですよ。

でも今回は北雪。実はほとんど降らないんじゃないかなと思ってます。今外を見ても道路に雪はまったくないんですよね。明日の朝も「なんだよ雪降ってないやん」となるような気が(いい加減な予報)

じゃそういうことで。

あ、Twitter大掃除しました。めっちゃ綺麗からっぽ。

f:id:masaki709:20180124235617p:plain

twitter.com

理由?いろいろですよ。それでは。