義理チョコに関して手斧が飛んできたので全力で投げ返すことにした【おっ、やるのか?】

義理チョコとかギブミーチョコレートだかしらんけど

義理チョコについての論議が巻き起こっておりまして。まぁ言い出したのはゴディバ。

もう見慣れてるだろうからリンク張ってあげない。

で、そこから義理チョコに対する思いはいろいろありまして。ブロガーさんがそれぞれの思う義理チョコへの思いをツラツラと書き綴っておられます。

  • 義理チョコいらん
  • 義理チョコいらん
  • 義理チョコいらん
  • 義理チョコいる ←!!!

いや、僕も義理チョコいらない派なんですよ。チョコレート会社が儲けたいだけの陰謀じゃないかと。本命チョコ、義理チョコ、友チョコまで言ったらもう意味ワカラン。あれかもしかして自分チョコとか言い出すのか?

www.daimaru-matsuzakaya.jp

大丸松坂屋ともあろうもんがそういうこと言うのかよ・・・。

で、僕的にはいらない、と思ってたんですがたまたま見かけたツイートがあって。

 なるほど、乙女心とはそういうものであったか。それなら義理チョコという本命チョコのような甘酸っぱい存在についてはあってもいいんじゃないか。義理チョコという行為の裏にある乙女心とか、ちょっといいじゃない。うんいい。

いや、お前心変わりしてるじゃないかという方がおられるのかもしれませんが、義理チョコ自体はやっぱりいらないと思うんですよ。

義理ですよ、義理。本当の義理のやつ。

  • 会社の男性に仕方なく買うやつ
  • 親兄弟のために仕方なく買うやつ
  • 毎年してるから面倒くさいけどしょうがなく買うやつ
  • 「あいつにだけやらないとそれはそれで揉めるから」仕方なくやるやつ

そう。それが正真正銘の義理チョコじゃないですか。それ、本当にいらない。

  • 吹き出物増える
  • 体重増える
  • お菓子食べクセがつく
  • 家庭内対応

ああ、いま体重測ったら57kgになってました。痩せすぎアカン・・・

特に僕が一番いやなのがこの最後の「家庭内対応」。だからもう本当に義理チョコいらない。で、

 いまこのツイートをTwitterのトップに固定してるんですが、これを見てロックオンしてきたブロガーがいまして。

nemurenai-same.hatenadiary.jp

さめ (id:nemurenai-same)ちゃんです。

そんなほんのりした義理チョコを

わざわざ断るってなんでなんでなんで?

いーじゃんか別にもらってくれたって!!

こっちはそれで仕事や生活のモチベ保ってるんだよわかれよ。

 そんなほんのりしたきゃっきゃうふふ

アラサーだろうとアラフォーだろうと未婚だろうと既婚だろうと

あってもよくないですかーーーーー??

そんなほんのりしたときめきを

 「ホワイトデーに返すものを選ぶ妻の顔が・・・」

なーんて言われてへしゃってされたら萎える。凹む。穴があったら入りたい。

つまんねーなってなる。

モチベ下がる。

 

え?そんなことで仕事のモチベ下がるとかバカじゃねぇ?って

うるさいな女子なんだよ!!

ああ、この時を待っていた。この言葉使いたかったんだよ!

おっ、やるのか? 

そしてさらにさめちゃんは挑発してくるわけです。

そんな女子心を常識とか大人ならとか仕事に私情をとかそんな理屈攻めするそっちがバカだよ。

ばーかばーか。

「ばーかばーか」ですって?ここまで言われたら相手がさめちゃんとあっても容赦しないぜ?まさかついにさめちゃんと手斧を投げ合うことになるとは。

ぱさっ、ぱさっ(いま上着をぬぎすててるとこ)いくぜ?

僕が義理チョコを断る理由

僕は既婚なんですが、義理チョコを持って帰ると妻から質問が行われます。

  • いくつもらったのか
  • どんなチョコレートだ
  • どんな立場の人からだ
  • 現物確認を行わせろ

結局もらったものを見せることになります。するとすぐさま行われるリサーチ。

  • 該当商品から想定される価格帯について
  • 量産品であるからお返しはこの程度の品物でOK
  • これは高いからスカーフくらいは返さないと云々
  • 去年もらわなかったのになんで今年は・・・

つまり、もらったものより返すものについての問題が起こるわけです。「いや、別に返さなくていいといったから」と言おうものなら「そう言いながら何も返さなかったらどこでどんな風に言われるか文字数」とか。

みんなに配ってたんだし値段も500円くらいならハンカチ程度でいいだろう、この人は年齢も上だしどうのこうの・・じゃあブランドのハンカチに、とか京都に行った時にお菓子を見繕ってくるとか「中途半端に義理チョコもらってくるくらいだったら最初から断ってくれたほうが」とか言い出す始末。

ああ・・・・面倒くさい。そして・・・

義理であろうが感謝であろうがわざわざ買いに行ってくれたチョコではあるのに、いつの日か私は家に帰ってからの面倒くささに「義理チョコは面倒くさいからいらない」といレッテルを貼ることにしてしまったのです。

そうです、義理チョコは本当はめんどくさくないのです。

さめさんからお怒りの言及を頂いたとき、ネット禁止の仕事の作業場に入る入り口直前でした。たしか曇り空でポツリポツリ小雨が降り出していた記憶があるのですがはっきりとは覚えていません。

 

一刻も早く読ませて頂いた事をさめさんにお伝えしようとした前後、タブレットが暴走状態となりコントロールが出来ない状態での誤発信となってしまったのです。

 

直前にはオフ会だったかの開催の案内を読んでいて、コメントとして「お、やるのか云々・・・」という文字列の入力編集作業の最中でした。

 

とかいうとある騒動のツイートをパクってみたりするやつです。

【Twitter】高須院長と揉めてる虫「『お、やるのか』はタブレットが暴走状態となって誤発信しただけ」 : 新しいフォルダ(総合)まとめ

ああすみません・・・義理チョコが悪いわけじゃ決して無いのです。悪いのは義理チョコをもらって自分でホワイトデーにお返しを買いに行かない私が悪いのです・・・

もちろん、妻は妻なりの「旦那が義理チョコもらってきてお返しもしないで相手に失礼なことになることを防ぎたい」という思いがあるとは思うのですが(いやそれ以上は考えないことにする)私はそれに義理チョコの義理を巻き込んでしまっておりました・・・

なので、義理チョコは頂いた方にはそれなりにちゃんとお返しするようにします(とリアルには言わないやつ)もちろんもらう時にはニッコリ「ありがとう」で。

いやでも会社では十分に理由が伝わってるのですでに義理チョコというものはいただかないことになっておりますw

あ、あれ?

ということで

手斧、刺さったままで投げ返せませんでした(笑)決してさめちゃんとケンカしてるわけではなく、言葉の雪合戦ですからまわりのブロガーさんご安心を。

しかしさめちゃん、あんたそんなに義理チョコに熱くならんでも・・・