健康診断に行ってきた46歳のリアル

今日ね、会社の健康診断だったんですよ。

  • 尿検査
  • 聴力
  • 視力
  • 心電図
  • 身長、体重
  • メタボ
  • 血圧
  • 血抜かれるやつ(それ後でわかるやつ)
  • 先生の検診

事前の問診票に去年のデータが載ってるんでそれを眺めていると・・・

 

健康体、である。

 

間違いない。ただ去年の体重を見ると61kgと書いてあった。今の会社に入ったときはたぶん60キロ台後半だったんだけど、入社した次の年の春には80kg手前だったんだけど・・・

通勤を自転車に変えてから1年で10kgくらい痩せて、そこからも毎年じわじわと減りながら今年はついに50kg台。今年に入ってから体重を測った時には57kgくらいまで減ってた。

さて、今日の検診ではどうなのか・・・46歳のリアル(聞きたくない?いやしらんけど)

健康診断の結果

  • 尿検査 ちゃんとでた
  • 身長 168cm
  • 体重 57.4kg
  • 視力 両目とも1.5
  • メタボ 「大丈夫ですよ♡」
  • 心電図 おねえさんがかわいくてドキドキした
  • 血圧 上が130くらい、下が80くらい(ドキドキが収まらなかった)
  • 血 いっぱい抜かれた

さて、ここまで来たら先生の診察でおしまい。

「サキさ~ん」と呼ばれて入ったらおじいちゃんな先生。

胸に聴診器あてるんだけど、きっと耳を済ませてるんだと思うんだけど乳首のあたりをじーっと見つめられてるような気がする。

・・・・乳首のまわりの毛剃っといてよかった。

「サキさん、体重が4kg近く去年より減ってるんですけど大丈夫?」
「うーん、運動はしてるんですけどね、なんか油断すると減りすぎて怖い」
「太りたいときはね、完食するといいんですよ夜中とか」
「うん、夜中にラーメン作って食べたりするんですけどね。プロテイン飲んでたり」
「それで減るの?」
「はい」
「しんどいとか体調悪いとかない?」
「ないです」
「大丈夫だとは思うけど、がん検診行ってきて」
「えっ」
「がん検診」

ぜんぜん身近に感じなかった病名急に言われてもねぇ。

なんか昔からずっと決めてるんだけど、ガンになったら諦めようかなぁって。わかった時点で残された時間を有意義に過ごしたい。病院で延命治療とかもいらない。

死ぬギリギリまで生きてやる。
(いまカッコイイこと言ったと思った人、よく読んでね)

と、思ったんだけど。

さっそく「病院ちゃんといきなさい」とDMが飛んできたりとか、ほんとにがんになったらごほっごほっ(言えない)と優しい言葉を掛けてくれる人がやっぱりいるので。

その時はさっさと病院いって検査してきますね、ありがとう。

ちなみに香典の先渡しはOKって言ったんだけど丁重にお断りされましたw

ということで、明日も生きますね。